ゴミ屋敷、特殊清掃(孤独死・自殺現場清掃)、空き家の清掃、災害現場の復旧、地震や台風の被災現場の清掃、大雨の水害の片付けの業者を相見積もりで比較!全国最大級の業者数と万が一のサポートで安心してご利用いただけます。

メニュー

特殊清掃の料金事例(新型コロナウイルス③)

公開日:2020年03月10日 
更新日:2020年03月10日

今回も、当窓口にご依頼頂いた【新型コロナウイルスの消毒・除菌】の料金事例をご紹介させて頂きます。
急速に感染が広がっている地域とも言われてきている千葉県で、社内で感染者が出たということで、自分たちの事務所と、管理する工場の両方で除菌、消毒作業を早急に行って頂ける業者を探しているということで、お問い合わせがございました。

目次
  1. 状況確認
  2. 施工準備
  3. 施工実施
  4. まずはご相談から
参考記事

状況確認

状況確認

作業内容は、テナント1フロア及び管理する工場全域、その周りの消毒・除菌でした。
ご依頼を受けるにあたって、製造ラインを止めるわけにいかないので、止めてはいけない場所から順に、作業してほしい、という点を主に言われました。

施工準備

まず初めに、人の出入りが多い箇所から準備、ということで、工場の共有部分から開始し、作業フロア全体の拭き上げを行いました。

ホコリやゴミ等に菌が付着していると、除菌を行っても、効果が薄いので、隅から隅まで掃除を行いました。

 

施工実施

まず、工場から作業を開始いたしました。

工場では、人が手に取って使う器材や人が触れているところ、共用部から、消毒液を使って綺麗に拭き上げていきます。拭き上げ作業完了後に薬剤を噴霧するため、養生していきました。

養生が済んだ段階で、専用の薬剤を使って噴霧します。隅から隅まで噴霧して除菌・消毒をしました。薬剤を噴霧し湿度が上がった状態でオゾン発生機を使い空間除菌を行いました。

 

また、その後、オフィスフロアの状況を確認し、工場と同様、共用部から、消毒液を使って綺麗に拭き上げ、守らなくてならない箇所は養生して、専用薬剤を噴霧していきました。

隅々まで噴霧を終えたあと、室内の湿度をあげて、オゾン脱臭機を活用して、同じく空間除菌を行いました。

 

施工時間:24時間(3日間)

施工金額:120万円(拭き上げ作業・薬剤噴霧・オゾン発生機使用・その他諸経費)

まずはご相談から

私たち「特殊清掃の窓口」では、コロナウイルスに係る除菌・消毒作業のご依頼を毎日たくさん寄せられ、日々全国各地からお受けさせて頂いております。

新型コロナウイルスの対策をお考えの方、除菌・消毒作業でお困りの方は、「特殊清掃の窓口」までご連絡をお願い致します。

  • 当サイト「特殊清掃の窓口」は、一般社団法人事件現場特殊清掃センター、
    特殊清掃事業者連絡機構、暮らしサポートひだまり協議会が、
    特殊清掃の正しい知識や優良業者情報を提供する目的で作られたサイトです。
お見積もりのご依頼・ご相談は
こちらからご連絡ください
無料ご相談・お見積もり
  • 特殊清掃
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
    片付け
  • 孤独死の
    現場
  • ウイルス除菌
    ペット消臭
只今の時間帯は、ネットからの
無料ご相談・お見積もりを受付けております。
ご相談・お見積もりフォーム
受付時間24時間365日対応
お急ぎの方はお電話にて
ご連絡ください。
0123-66-9335
(受付時間8:00~19:00
土日祝も対応)