ゴミ屋敷、特殊清掃(孤独死・自殺現場清掃)、空き家の清掃、災害現場の復旧、地震や台風の被災現場の清掃、大雨の水害の片付けの業者を相見積もりで比較!全国最大級の業者数と万が一のサポートで安心してご利用いただけます。

メニュー

特殊清掃の料金事例①

公開日:2019年11月29日 
更新日:2019年11月29日

今回は、大阪府大阪市の特殊清掃の事例でございます。
状況は、一人暮らしのご子息が孤独死。近所の方により数日後に発見されたそうです。
今回は、3日間の作業工程を組んで進めました。

目次
  1. ①1日目の作業
  2. ②2日目の作業
  3. ③3日目の作業
  4. ④費用
参考記事

①1日目の作業

①1日目の作業

作業の安全性を確保するために、まずは、入室の際、除菌剤を噴霧しながら、居住空間を隅々まで除菌していきます。

孤独死した寝室以外も、処分するものが多く溜まっていたため、それらを撤去しながら、作業スペースを確保。

その後、特に臭気の残る寝室の特殊清掃作業に着手。

ベッドや布団を撤去しても、その下の床には、汚染物が付着していたため、脱脂洗浄を行う。

高濃度オゾンによる脱臭を行うが、この日の作業だけでは臭気は収まらないので、翌日以降の作業になります。

②2日目の作業

②2日目の作業

1日目に続き、オゾン脱臭処置として、高濃度オゾンと指定消臭剤を用いて徹底消臭を行う。

2日目の作業は、消臭作業を徹底的に進めたので、他の作業は、翌日以降になります。

③3日目の作業

3日目に臭気は消えたため、最後に居室全体を簡易清掃。

共用部の清掃を合わせて実施し作業を終了する。

ご依頼者様に、お立ち会いいただき、作業前とは、全く違う新鮮な空気が流れるお部屋に、大変、安心して、感謝されました。

④費用

④費用

費用合計:310,000円(税別)
作業内容:特殊清掃、専用機材にて脱臭、除菌、処分品の撤去

 

「特殊清掃の窓口」では、急な案件についても早急にご対応しています。まずは、現地を見させていただき、正確なお見積りをし、金額のご提示をしてもらいましょう。

 

特殊清掃業者の料金や口コミを調べる
一括で見積もりを依頼したい方・お急ぎの方はコチラ

 

「特殊清掃の窓口」では、全国で数千社ある特殊清掃業者の中から【事件現場特殊清掃センター及び特殊清掃事業者連絡機構、さらに、暮らしサポートひだまり協議会の3つの機関による厳しい加盟審査】などを通過し、厳選して掲載しています。

  • 当サイト「特殊清掃の窓口」は、一般社団法人事件現場特殊清掃センター、
    特殊清掃事業者連絡機構、暮らしサポートひだまり協議会が、
    特殊清掃の正しい知識や優良業者情報を提供する目的で作られたサイトです。
お見積もりのご依頼・ご相談は
こちらからご連絡ください
無料ご相談・お見積もり
  • 特殊清掃
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
    片付け
  • 孤独死の
    現場
  • ペット消臭