ゴミ屋敷、特殊清掃(孤独死・自殺現場清掃)、空き家の清掃、災害現場の復旧、地震や台風の被災現場の清掃、大雨の水害の片付けの業者を相見積もりで比較!全国最大級の業者数と万が一のサポートで安心してご利用いただけます。

メニュー

ゴミ屋敷に戻らないためには

公開日:2019年11月15日 
更新日:2019年11月15日

ゴミ屋敷を清掃して無事にゴミの山から脱出できたら、次に行うべきはキレイな部屋を保つこと。せっかくキレイな部屋に戻ったのだから、すぐに元に戻ってしまうようなことは避けたい。そこで部屋をキレイに保つポイントをご紹介いたします。

目次
  1. ①ごみの回収日に必ずゴミ出しをする。
  2. ②片付けが難しいのであれば、人に頼む
  3. ③もしゴミが溜まってきてもあきらめない
  4. ④まとめ
参考記事

①ごみの回収日に必ずゴミ出しをする。

①ごみの回収日に必ずゴミ出しをする。

ゴミ屋敷に再び戻らないようにするには、なによりもゴミを溜め込まず捨てることです。自分に必要ないものは捨てる、捨てるかどうか迷うものは一度ゴミ袋に入れてから考えて捨てる勇気も大事です。ゴミを処分するにしても、ゴミ出しのスケジュールを調べておかなければなりません。今はスマートフォンで市町村の回収のスケジュールが容易に確認することが出来ます。また毎回の整理が予定的に難しい場合は月に何度かスマートフォンのスケジュール管理に入力しておくことで、その当日にスマートフォンに呼び掛けてもらうことが出来ます。後は、いつでも清掃出来るようにゴミ袋や掃除用具をすぐ使えるように準備しておくことが重要です。また、分別の種類ごとにゴミ箱を用意し、捨てる時に分別できているようにするとゴミ出しがかなり楽になります。

②片付けが難しいのであれば、人に頼む

②片付けが難しいのであれば、人に頼む

キレイな部屋を保つことはやはり継続が大事で難しいことです。ご自身で出来なくなった時は、親族にご相談できればベストですが、家事代行などの片付けをしてもらえる業者さんにお願いするといいでしょう。定期的な清掃の場合はシルバー人材を紹介して頂いて、時給制の方にお願いすることで解消することが出来ます。部屋の片付けのリピートをお願いする方はとても多いですし、昔とは違い、そういったサービスを行う業者も多いので気軽に頼める社会になっておりますので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

③もしゴミが溜まってきてもあきらめない

③もしゴミが溜まってきてもあきらめない

掃除しよう、いらないものは捨てようと思っても、人はなにかのきっかけやコツがないと、なかなか物を捨てることができません。でも、「これだけは必ずやる」という約束事を作り、無理をせず片付けを少しずつ進めていきましょう。「絶対にあきらめないこと」がゴミ屋敷に戻らないための一番の秘訣と言えるでしょう。

④まとめ

ゴミ屋敷から解放されてから、また元に戻らない為には、少しだけでもいいので片付けの時間を作ることです。また誰かに相談する勇気がとても重要です。

「特殊清掃の窓口」ではご相談だけでも可能です。悩んだときは一度、相談してみましょう。

特殊清掃業者の料金や口コミを調べる

一括で見積もりを依頼したい方・お急ぎの方はコチラ

「特殊清掃の窓口」では、全国で数千社ある特殊清掃業者の中から【事件現場特殊清掃センター及び特殊清掃事業者連絡機構、さらに、暮らしサポートひだまり協議会の3つの機関による厳しい加盟審査】などを通過し、厳選して掲載しています。

  • 当サイト「特殊清掃の窓口」は、一般社団法人事件現場特殊清掃センター、
    特殊清掃事業者連絡機構、暮らしサポートひだまり協議会が、
    特殊清掃の正しい知識や優良業者情報を提供する目的で作られたサイトです。
お見積もりのご依頼・ご相談は
こちらからご連絡ください
無料ご相談・お見積もり
  • 特殊清掃
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
    片付け
  • 孤独死の
    現場
  • ペット消臭