災害現場の復旧、地震や台風の被災現場の清掃、大雨の水害の片付け、ゴミ屋敷、空き家の清掃、特殊清掃(孤独死・自殺現場清掃)の業者を相見積もりで比較!全国最大級の業者数と万が一のサポートで安心してご利用いただけます。

メニュー

賃貸での孤独死が発生してしまった

公開日:2019年09月27日 
更新日:2019年09月28日
目次
  1. 賃貸での孤独死が発生してしまった

賃貸での孤独死が発生してしまった

賃貸での孤独死が発生してしまった


賃貸物件に住んでいた方が孤独死した場合、親族や連帯保証人には、孤独死したことがわかった後、連絡が入ります。
その際のお部屋の原状回復については、トラブルがよく発生します。

原状回復しなければいけない責務がある人の優先順位もあり、大家との交渉も必要になります。
東京都などの大都市では、不動産管理会社もあり、管理会社との交渉も出ています。
特に東京都では、全国でも大手の不動産管理会社がたくさんあります。

東京都だけでなく、全国にある賃貸物件では、原状回復も少し変わることもございます。

通常、特殊清掃業者は、臭いを除去するために、臭いが付着した、壁紙や汚染物が付着している、畳や床材などの除去もします。

臭いの発生源がある場合、臭い戻り(数日後に臭いが戻ってくる現象)が起こる為、撤去しようとします。

しかし、東京都などにある、不動産管理会社は、「撤去しないでください。」「壁紙も畳もそのままにしてください。」と言われることがあります。

特殊清掃の窓口では、賃貸の場合、ご遺族様が大家、不動産管理会社との交渉を行うのではなく、特殊清掃業者が直接の交渉することも可能です。
また、ご希望がなくても、トラブルの回避をするために、事前に確認をしております。

通常の退去でも原状回復をめぐるトラブルは非常に多いです。
東京都だけでなく、全国の都道府県でガイドラインがありますので、一度見てみるのもいいかもしれません。

 

特殊清掃業者の料金や口コミを調べる
一括で見積もりを依頼したい方・お急ぎの方はコチラ

「特殊清掃の窓口」では、全国で数千社ある特殊清掃業者の中から【事件現場特殊清掃センター及び特殊清掃事業者連絡機構、さらに、暮らしサポートひだまり協議会の3つの機関による厳しい加盟審査】などを通過し、厳選して掲載しています。

  • 当サイト「特殊清掃の窓口」は、一般社団法人事件現場特殊清掃センター、
    特殊清掃事業者連絡機構、暮らしサポートひだまり協議会が、
    特殊清掃の正しい知識や優良業者情報を提供する目的で作られたサイトです。
お見積もりのご依頼・ご相談は
こちらからご連絡ください
無料ご相談・お見積もり
  • 特殊清掃
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
    片付け
  • 孤独死の
    現場
  • ペット消臭