災害現場の復旧、地震や台風の被災現場の清掃、大雨の水害の片付け、ゴミ屋敷、空き家の清掃、特殊清掃(孤独死・自殺現場清掃)の業者を相見積もりで比較!全国最大級の業者数と万が一のサポートで安心してご利用いただけます。

メニュー

特殊清掃の作業の流れ 孤独死編

公開日:2019年10月07日 
更新日:2019年10月07日
目次
  1. 孤独死編
  2. ①発見時
  3. ②ご相談
  4. ③現地でのお見積り
  5. ④作業
  6. ⑤リフォーム
  7. ⑥消臭・脱臭
  8. ⑦状況確認と作業完了
  9. ⑧まずはご相談

孤独死編

孤独死編

孤独死の場合の相談から作業完了まで、もっともスタンダードな場合の流れのご説明をさせて頂きます。

①発見時

通常、遺体(孤独死)が発見された場合、警察がその後現場検証します。
この時は、例え、ご家族であっても中には立ち入りは出来ません。
詳しくは「身内や関係者が孤独死された場合の手続き」を見る事をおすすめします。

②ご相談

多くの方の場合、警察より入室許可がでたあと、相談致します。
事前に「特殊清掃の窓口」にご相談しておけば、入室許可がでたあとすぐにお見積りに
伺えるように致しますので、相談だけでもいいので早めの相談をしましょう。

③現地でのお見積り

現地へお伺いをし、お見積りをします。お見積りは無料になります。
遺品の量、室内の汚れや状況、臭いの確認し、お見積り致します。
ご遺族、ご依頼者の方で、現場に近づく事に対し、精神的に難しい方は
お近くで待っていただき、業者だけでお見積りをさせていただき、その後
状況のご説明と合わせて、お見積り書のご提示を致します。

④作業

お見積り後、業者へお願いしますと作業日を決定し、作業になります。
作業を進めていく際、遺品整理も必要になります。
業者でお願いをすれば対応してくれます。貴重品(現金、通帳、印鑑、証券など)
の捜索もします。「ご遺族で遺品整理をしたい」場合は事前にお伝えしましょう。
消毒とあわせて、一時的に消臭をし、室内へ入室できるように業者が消臭、消毒を
行います。

⑤リフォーム

現場の状況によりますが、リフォーム工事が必要になる場合があります。
臭いや現場の状況や、「大家との交渉」などにより行わない場合もあります。
リフォーム工事が必要なのかは、お見積りした「特殊清掃業者がどこまでやるか」
のご説明がありますので、事前にしっかりと確認しましょう。

⑥消臭・脱臭

全ての作業が完了した後、徹底的に消臭・脱臭をします。一般的な芳香剤や消臭剤や
空気清浄機などでは消臭できないので、強力なオゾン脱臭機などを使用します。

⑦状況確認と作業完了

作業完了後も業者が入念なチェックをします。その後、ご遺族、ご依頼者様の立会の
もと、確認をします。
気になる事があれば、その際に業者に聞いてみましょう。

⑧まずはご相談

⑧まずはご相談

孤独死で発見された時、警察からの連絡を受けた時、大半の方は焦ってしまいます。
難しいかもしれませんが、まずは一呼吸置き、孤独死の清掃ができる特殊清掃業者や
「特殊清掃の窓口」のご相談へ一度、お問合せしてみてはいかがでしょうか。

 

特殊清掃業者の料金や口コミを調べる
一括で見積もりを依頼したい方・お急ぎの方はコチラ

「特殊清掃の窓口」では、全国で数千社ある特殊清掃業者の中から【事件現場特殊清掃センター及び特殊清掃事業者連絡機構、さらに、暮らしサポートひだまり協議会の3つの機関による厳しい加盟審査】などを通過し、厳選して掲載しています。

  • 当サイト「特殊清掃の窓口」は、一般社団法人事件現場特殊清掃センター、
    特殊清掃事業者連絡機構、暮らしサポートひだまり協議会が、
    特殊清掃の正しい知識や優良業者情報を提供する目的で作られたサイトです。
お見積もりのご依頼・ご相談は
こちらからご連絡ください
無料ご相談・お見積もり
  • 特殊清掃
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
    片付け
  • 孤独死の
    現場
  • ペット消臭