ゴミ屋敷、特殊清掃(孤独死・自殺現場清掃)、空き家の清掃、災害現場の復旧、地震や台風の被災現場の清掃、大雨の水害の片付けの業者を相見積もりで比較!全国最大級の業者数と万が一のサポートで安心してご利用いただけます。

メニュー

ゴミ屋敷にならないためには

公開日:2019年11月12日 
更新日:2019年11月12日

ゴミ屋敷になってしまう方には様々な要因があります。ほとんどの人が「物を捨てない人」「物と捨てれない人」と言われます。
ゴミ屋敷は「デメリット」しかありません。その為に、ゴミ屋敷にならない為の対策をご紹介します。

目次
  1. ①最低でも床が見えるようにする
  2. ②決まった日に必ず決めた日に毎週捨てる
  3. ③定期的に、自宅に人を招く
  4. ④定期的に業者に頼む
  5. ⑤まとめ

①最低でも床が見えるようにする

①最低でも床が見えるようにする

ゴミ屋敷は、「床にものがあっても気にしない」人がなりやすい傾向があります。生活ごみである、ペットボトルや、弁当のゴミなど、そのまま放置し、ゴミ屋敷になっていきます。
「床には置かない」と決めるだけでもかなりの変化はあります。

②決まった日に必ず決めた日に毎週捨てる

②決まった日に必ず決めた日に毎週捨てる

一人暮らしや、多忙な方、夜勤がある方などに多くあります。「溜まっているから来週まとめて出そう」と後回しにしてしまうケースが非常に多いです。量が少しでまだ入ると思っていても、必ず、決めた日に捨てましょう。仮に、燃えるゴミだけだとしても、そこから発生する害虫のリスクも減らすことができます。

③定期的に、自宅に人を招く

③定期的に、自宅に人を招く

自宅に人がくる時こそ、掃除をする機会としては最適です。また高齢者でひとり暮らしには、社会から孤立する事も防げます。家族でも近所の方でも誰でもいいので、誰かが家にくる。その為に掃除するというサイクルを作りましょう。

④定期的に業者に頼む

④定期的に業者に頼む

ゴミ屋敷になった方は、掃除が苦手、忙しい、汚れている事に慣れている方になります。費用は掛かりますが、ゴミ屋敷になってしまう前に、業者にお願いする事により、きれいな部屋で精神的にも余裕が出来てくるでしょう。自力で出来る方はいいですが、出来ない方は業者へ相談してみましょう

⑤まとめ

ゴミ屋敷に長い間住んでいると心に余裕が持てなくなる傾向にあります。また、「掃除しなきゃ・・・」とプレッシャーにもなり、負担が増えます。「別にいいや」「あとでいいや」など自分を無理やり納得させると状況がどんどん悪化してしまいます。「特殊清掃の窓口」ではご相談だけでも可能です。悩んだときは一度、相談してみましょう。

特殊清掃業者の料金や口コミを調べる

一括で見積もりを依頼したい方・お急ぎの方はコチラ

「特殊清掃の窓口」では、全国で数千社ある特殊清掃業者の中から【事件現場特殊清掃センター及び特殊清掃事業者連絡機構、さらに、暮らしサポートひだまり協議会の3つの機関による厳しい加盟審査】などを通過し、厳選して掲載しています。

 
  • 当サイト「特殊清掃の窓口」は、一般社団法人事件現場特殊清掃センター、
    特殊清掃事業者連絡機構、暮らしサポートひだまり協議会が、
    特殊清掃の正しい知識や優良業者情報を提供する目的で作られたサイトです。
お見積もりのご依頼・ご相談は
こちらからご連絡ください
無料ご相談・お見積もり
  • 特殊清掃
  • 遺品整理
  • ゴミ屋敷
    片付け
  • 孤独死の
    現場
  • ペット消臭